【妊婦さん必見!!】イボが首に?跡を残さず取りたい方におすすめケア特集!

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

【妊婦さん必見!!】イボが首に?跡を残さず取りたい方におすすめケア特集!

イボ除去クリーム

 

妊娠発覚後から襲ってきたつわりを乗り越えて、ようやく5か月目にして安定期に入ったので「久々に外出♪」と思いネックレスをしようとした時、首に小さなポツポツを発見!?という経験をされた方って、少なくないとは思います。

 

ま、まさか、イボ!?

 

妊娠中は一難去ってまた一難^^;;;

 

つわり中、スキンケアもあまりできなかっただけに驚きますよね。

 

首は、人の目につきやすいため、妊娠中ではなくても女性なら気になってしまいますよね。

 

早く治したいけど、お腹の赤ちゃんへの影響を考慮すると、「病院で治療していいのかな?」と思っている方に向けて、赤ちゃんにも安心でその上跡を残さずにキレイにケアできる方法をご紹介します!!

 

 

なぜ急にイボが?首のぽつぽつイボは”妊娠中あるある“だった!

 

「今までポツポツと出てくるイボはできたがことないのに、なぜ急にそうなってしまったのだろう?」

 

と思っている妊婦の方も少なくないと思います。

 

しかし、意外にも妊娠中のいぼは珍しい症状ではないのですよ。

 

その原因のひとつは、免疫力の低下です。

 

妊娠中の女性の体の中はこれだけ大忙しなのです!!

 

  • へその緒を通して赤ちゃんへ栄養を与える
  • 赤ちゃんの成長に沿って子宮が大きくなる
  • 母乳を作る準備をする
  • 出産に備えて骨盤が徐々に開いてくる

 

これだけ体が一生懸命、いつもとは全く違う活動していたら、いつもの免疫力にも影響が出ることは想像に難しくないと思いませんか?

 

つまり、このような経緯で何かの拍子に、イボの原因となる「ヒトパピローマウイルス」と接触があった時に、イボになってしまうこともありますし、代謝の低下によって皮膚のターンオーバーのサイクルの狂いからのイボもできる可能性が否定できないのです。

 

 

皮膚科のイボ治療は跡が残る?その治療方法が知りたい!

 

皮膚科で対応してくれるイボの治療の代表的な方法は、以下をまずご参照ください。

 

■飲み薬でのイボ治療

「ヨクイニン」という名のお薬を内服して治療する方法です。
ヨクイニンの成分はハトムギです。←※ここ意外と知らない方多いんですよね...
免疫力の向上や、肌荒れにも効果があると言われており、幅広く使われる漢方薬です。
体に優しい飲み薬ですので、イボ治療の跡が残るなどのリスクはありませんが、効果を実感するまでには、皮膚のターンオーバーのサイクル1回分の、およそ一か月間は内服を続けて状態の変化を観察する必要があります。

 

■液体窒素治療

イボ治療で古くから行われている方法で、なんとマイナス196℃という超低温の液体窒素を使い、イボを焼き切るものです。
人為的に凍傷を起しイボを除去するため、痛みは強いです。
また、この治療によって皮膚がはがれおちてくれるのですが、万が一傷ができてしまった際には、またウイルス感染しないように衛生管理には十分注意が必要です。

 

■レーザー治療

医療用レーザーを使い、イボをくり抜くように除去する方法です。
イボの症状にあわせてレーザーを照射するレベルを決めてから行います。
これは医師の経験とテクニックが必要だと言えます。
痛みや跡は液体窒素の治療よりもリスクは少ないのですが、新しい治療のため費用が若干高くつく可能性もありますので、治療前に病院とよく話し合う必要があります。

 

 

毎日体の状況が変化していく妊婦さんにとって、初めての治療法を試すのはちょっと勇気がいることですよね。

 

もちろん、経験を積んだお医者様に相談することで、安心できることも多いかと思いますが、病院は場所にもよりますがお医者様に会えるまでの待ち時間がネックだと思いませんか?

 

妊娠中は足がむくみやすい方も少なくありませんので、病院の待合室で長時間イスに座り続けるというのは、どうもあまり気が進まないと感じることもあるでしょう。

 

となると、ひとつの手段として、長時間固いイスで待たされる必要が一切ない、自宅で可能なイボ対策のセルフケアの手法は、知っていて損はないと思うのです。

 

 

妊婦さんOK!寝転がりながらでも試せる首のイボ対策とは?

 

そうは言っても、跡を残さずにポツポツ出てきてしまったイボは取りたい!!

 

プレママでも女性として当たり前の、そのような美しさを保ちたいという願望は自宅ケアでも可能なのですよ♪♪

 

寝転がりながらでもOKなのが、めちゃくちゃ嬉しいと思いませんか?(*^^*)

 

お腹の中の赤ちゃんにも副作用がなくて、しかもセルフケアで可能なイボ対策というのは、まず第一に角質ケアです。

 

  • 角質ケアができる=イボが取れる
  • 妊婦さんでも使用OK
  • 寝転がりながらでも使える
  • 赤ちゃんに副作用の影響がない

 

そんな女性としての希望をオールインワンで叶えてくれたのが、オールインワン美容ゲルの「艶つや習慣プラス」なのです!
※ちょっとギャグのようですが、つい言ってみたくなっただけなのでご容赦ください^^;;;

 

「でも待って!!自宅でイボ対策ができるものと言えば、そのような美容ゲルじゃなくて、もっといいお薬があるでしょ?」

 

と、そんな声が聞こえてきそうなので、それにもきちんとお答えしますね。

 

角質に働きかける成分として、昔からあるのはサリチル酸を使用したイボコロリなどのイボ取りのお薬ですが、サリチル酸は妊婦さんや赤ちゃんには絶対に使ってはいけません!!
とても便利なお薬ではあるのですが、よく効く半面お薬の力が強くて赤ちゃんの発育に影響を及ぼす恐れが否めないので、妊娠中は触れてはいけないのです。
ニキビケアとしてもサリチル酸は使用されてはいるのですが、イボ取りのお薬に含まれるサリチル酸はニキビ用のお薬よりも高濃度で配合されています。
経産婦さんで先に生まれたお子様がいる方は、間違って子どもさんの手に触れてしまっても大変危険ですから、しばらくは家に保管しない方がいいお薬でもあります。

 

つまり、リスクなく自宅リビングでゴロゴロしながらでも角質ケアができてしまうアイテムとして、ジェル状になっている「艶つや習慣プラス」というのは、ラクなのにイボがポロリ!の魅力のスキンケア製品なのです。
お薬ではありませんが、試してみる価値はあると思います。
イボ対策の飲み薬として使われているハトムギ(ヨクイニン)のエキスや、お肌を柔らかくする杏子のエキスがふんだんに使われているので、効果も十分に期待でいますよ♪♪
ゴロゴロしながら、ポツポツに塗り塗り、そしてある日それがポロリ!と取れたら、そのようにリラックスしているママの日常を感じ取っているお腹の赤ちゃんにだって、良い胎教になる気がします。
オールインワンジェルには、たくさんの機能の中に、まさかまさかの・・・「赤ちゃんへの胎教にも良い」なんて項目も入る日は近いかもしれませんね(*^^*)

 

 

 

↓↓↓妊娠中のイボ取りは『艶つや習慣プラス』にお任せ♪!↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加