専門用語解説

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

専門用語解説

 

この「艶つや習慣プラス」口コミレビューサイトを運営させていただいております、ノリコです♪♪

 

今回の記事では、これまでに記事内で登場した専門用語解説をしたいと思います!
※すぐに専門用語の解説を読みたい方は、読み飛ばして解説部分をお読みくださいね(*^^*)

 

なぜこのように、専門用語を改めてピックアップして解説させていただこうと思ったのかと申しますと、これには大きな理由があります。

 

おかげさまで当サイトも運営開始から約1年近くになり、毎日妊婦さんをはじめとする女性の皆様に楽しんでいただけたり、中には

 

「タツヒコさん(私の旦那)が書いた体験レポのファンです!!」

 

とまでおっしゃってくださる方が出てきて(大感謝!)、そのような温かいエールをくださる際に、あわせてこのようなご質問も増えてきたのです。

 

  • 艶つや習慣プラスのことがもっと知りたい!
  • イボっていったいどのような症状があるの?

 

なるほど、確かに改めて聞かれると「艶つや習慣プラスそのもの」の解説って、当サイトでは少なかったかもしれない・・・と気づきました。

 

そして意外なことに、男性からのご意見やご感想もリアルな人脈では特に多くて、実際にタツヒコさんがいぼ痔のご質問を際どく受けて、帰宅して私に聞いて、その回答を翌日ご質問してくださった男性に届ける、というようなこともあるのです♪♪
※男性同士でいぼ痔のことを真剣に話し合ってる姿を想像すると・・・なんともかわいいなって思うのは私だけでしょうか(*^^*)

 

というわけで、ご縁あって出会うことができた艶つや習慣プラスから、たくさんの人の輪が広がることに感謝しながら、早速、当サイトにおける専門用語をわかりやすく解説していきたいと思います!

 

 

■■■専門用語解説■■■

 

艶つや習慣プラス

株式会社パレベストプランさんが運営する専門店「アクアビューティー」さんにて販売されている、オールインワンジェルです。
ハトムギとアンズのエキスがふんだんに使用された、オールインワン化粧品としては革新的な成分により、年齢によってどうしてもポツポツと皮膚に出てきてしまう角質ケアが、ひと塗りでできてしまう高機能スキンケアジェルとも言えます。
気になる内容量はたっぷり使える120グラムと、主婦には嬉しいボリューム感なのに、価格は驚きの「プチプラコスメ」レベルに近い、定期便の初回価格が2,000円ちょっとというお値段なのです。
それでいて、オールインワンジェルとしての機能を抜群に備えていて、ポツポツのイボ対策のも含めて次のような効果を期待できると言えます。

 

  • ポツポツと首元などに出てきてしまったイボ対策
  • ターンオーバーのサイクルを正常化
  • お肌の保湿力アップ

 

アクアビューティーさんのサイトで紹介されている、上記以外の艶つや習慣プラスの用途としては、さらに幅広くオールインワンジェルならではの製品力を発揮していることもわかります。
ここで、実際に艶つや習慣プラスを使ってみた方々からの感想をピックアップしてみたいと思います!

 

  • ファンデのノリが良くなった
  • お肌が柔らかくなった
  • お肌に透明感が出てきた
  • 男性の髭剃り後のお肌保護に最適だった

 

たった1個でこれだけオールマイティに、家族全員の美肌に重宝すると嬉しいですよね?
実際、タツヒコさんが先日自宅の庭の草取りをした時に、チクッとした感覚から左手の薬指に小さなイボが出来てしまったのですが、急にできてしまったイボもすぐに取れる(※9日間のケアで取れました)というう体験が、私の最も近い身内にもあったを付け加えておきますね(*^^*)

 

また、艶つや習慣プラスの解説で忘れてはならないのが、妊婦さんとも非常に相性が良いオールインワンジェルだという点です。
妊娠中って、どんな状態だったかしら・・・
すでに私の息子は高3ですので、遠い記憶となってしまった妊婦時代を一生懸命思い出してみたのですが、一番記憶に残っているのは・・・そうです!悪阻(つわり)です。
個人差が大きい妊娠期間中の体調ですが、このつわりと艶つや習慣プラスとどのような関係があるのかと申しますと、キーワードは「ニオイつわり」です。
いつもは平気だったお化粧品が、突然そのニオイがダメになって使えなくなる方も少なくないのが妊娠期間中の母体の神秘なのですが、この艶つや習慣プラスは無香料のため、不自然香料が入っていなくて素材のもともとの穏やかな香りのため、妊娠期間中でも安心して使えるのです。
その上、妊婦さんに多いイボや魚の目で、病院に行こうかそれとも産後まで待とうか迷っている方には、この艶つや習慣プラスで副作用のないセルフケアを行うことができるので、お腹の赤ちゃんにも安心という大きなメリットがあります。
また、保湿力にも大変優れているので、妊娠後期に急に大きくなるお腹の皮膚を保護して、妊娠線の予防にも使えるのです。
さらに生まれてきた赤ちゃんのお肌にも、保湿ジェルとして優しく使うことも可能なのが嬉しいと思います。

 

以上、艶つや習慣プラスの解説でした♪♪

 

イボ

次に、イボに関連する専門用語を少しでもわかりやすく解説していければと思います♪♪
イボには様々な種類があるのですが、大まかに分けて以下のように分類するとわかりやすいと思います。

 

  • 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

※画数の多い漢字である上に読みづらいのですが、これはあくまで医学用語なのでご安心ください^^;;;
ウィルス性のイボのことです。
ヒトパピローマウィルス(HPV)が皮膚のちょっとした傷口から入り込むことにより、イボが形成されます。
子どもがこれにかかると、手や指、それに足の裏に出ることが多いです。

 

  • 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

皮膚の老化現象によって発生する、良性のイボのことです。
別名、角質粒やスキンタッグとも呼ばれています。
足の裏や手のひら以外の、体のあちこちに出現します。
首のような目立つ場所は気になりますが、自分の体をよく観察してみると二の腕の内側などにもポツっと出ていたりするものです(ノリコの実体験)^^;;;  

 

尋常性疣贅も老人性疣贅も、総称して「イボ」と当サイトでは使っておりましたが、このように皮膚にできる良性の塊は、捉え方を変えると一種の皮膚病とも言えるかもしれません。
しかし、皮膚病というのは「3ない=わからない・治らない・死なない」が合言葉なほど危険性の少ない疾患であることは、お医者様の中では定説となっています。

 

それでも、女性として気になる自身の見た目という要素からすると、イボの存在はなるべく早めに治したいと考える方が少なくないと思います。

 

 

イボの治療法

それではイボの治療法に関しても詳しく解説していきます。
イボ治療は種類を選べますので、順番にご紹介しますね。

  • 液体窒素療法

マイナス196度に冷やされた液体の窒素を、脱脂綿に含ませて患部に当てて強制的に凍傷を起こして、患部を除去します。
少し大きめのウィルス性のイボは、この治療を数回行うことによってキレイに除去できるケースが多いです。
しかし、マイナス200度近い温度は、日常生活ではイメージしづらいと思うのですが、実際に触れると、「冷たい」という感覚は一切感じることができず、「痛い!!!」という感触が患部を走り抜けますので、痛みに弱い方にはあまりオススメはできません^^;;;

 

※余談※
なぜこのように解説しているのかと申しますと、私(ノリコ)も実は小学1年生の頃に、この液体窒素療法を経験していたのでした。
当サイトを立ち上げた当初は、そのようなことをスッカリ忘れていたのですが、皮膚科に母に連れられて、足がとても痛い治療があったなというかすかな記憶だけ残っていたのです。
それを先日母に確認してみたところ、
「なんね?アンタね、左の足の裏、親指と人差し指ンとこにおっきなイボ作ってたんよ。忘れちゃったろか?それを病院で治療したんよぉ〜」
と返事が返ってきて、急に思いだしたのでした^^;;;
痛すぎて、きっと当時の私はその記憶を封印していたのかもしれません。。

 

  • レーザーを照射して除去

医療用レーザーをピンポイントで患部に当てることで、出血や痛みを少なく抑えてイボを除去することが可能です。
難点としては、イボの大きさや状態によって治療期間が長くかかることや、費用面で若干割高になることです。

 

  • 塗り薬を患部に塗布

細胞を取り除く、少し強めのお薬を患部に一定期間塗布します。
妊婦さんや子どもへの使用は制限されており、副作用も伴うため、治療には注意が必要です。

 

  • 漢方薬の服用

飲むイボ取り薬として、ヨクイニン錠があります。
原料はハトムギで、ハトムギに含まれる成分がお肌のターンオーバーのサイクルを正常化して、イボを取り除く力があることが経験的にわかっています。
お肌のターンオーバーのサイクルである、およそ一か月間飲み続けて、お肌の変化を観察していくものなので、即効性を求める方には向きませんが、副作用がないため、体に優しいのが特徴です。

 

  • 漢方の薬効がある成分を患部に塗布

先程ご紹介したヨクイニン(ハトムギ)は、パウダー状のものに少量の水を加えて練ってお肌に塗布することもできます。
ハトムギの成分はお肌に直接塗っても、飲むのと同じように効果を発揮します。
既製品でハトムギ化粧水などもドラッグストアなどで購入できるので、毎日のイボ改善ケアに取り入れるのは、これも副作用がないので、オススメです。

 

お薬を使う場合は、即効性がありますが副作用があるのには十分注意した方がいいと思います。
液体窒素はお薬というよりも、地球上に多く存在する窒素を冷やして液体にしたものなので、それそのものには人体への副作用はありませんが、痛みを伴うという点で、治療にはちょっと二の足を踏むかもしれません。
妊婦さんや小さな子どもさんには、副作用のない治療がオススメということで、ハトムギを毎日の生活に取り入れて徐々にイボを除去していくのがいいのではないかと思います。

 

 

イボコロリ

イボコロリは横山製薬さんから発売されている、第二医薬品に分類されるイボ除去薬です。
有効成分はサリチル酸で、この成分の持つ「角質軟化溶解作用」を利用したお薬です。
これにより、角質を剥離することができ、イボに直接塗布することでイボを形成している組織を取り除くことが可能となります。

 

対応している症状は以下の3つです

  • イボ
  • 魚の目
  • タコ

 

イボコロリに含まれるサリチル酸の濃度は10%とかなり濃いので、取り扱いには注意が必要です。

 

使用禁止

  • 7歳に満たない子ども
  • 赤ちゃん

 

使用の際は注意が必要

  • 妊婦さん、または妊娠の可能性がある女性
  • アレルギー疾患のある人
  • 糖尿病の人
  • 病院で治療中の人

 

また、よくイボコロリの注意書きを確認すると、ポツポツと首に出て来る老人性のイボには適さないことも判明しました。

 

以下の症状は、イボであっても使用禁止

  • 老人性疣贅(老人性イボ)・角質粒・スキンタッグ
  • 水イボ
  • 性器や肛門付近にできたイボ
  • 体のあちこちに同時に複数出現したイボ

 

つまり、この時点で年齢と共にどうしても首などに出て来てしまうポツポツとしたイボにはイボコロリは使えないことがわかります。
さらに、お顔や首、それに粘膜など柔らかく傷つきやすい組織には使うことができません。
ニキビのような炎症部分や傷にも使用不可です。

 

第二類医薬品は、イボを除去するという主作用の他に、それに伴って副作用が認められるお薬ですので、イボコロリの使用に際して注意が必要です。

 

 

イボポロリ

「イボポロリ」とパソコンからYahoo!で検索すると、
「イボコロリではありませんか?」
と、丁寧に誘導してくれるので、さすがYahoo!さんは違うなぁ♪と入力アシスト機能のきめ細やかさにいつも感心しています。
しかし、「イボポロリ」でも正解なのですよ♪♪
実は、艶つや習慣プラスを販売しているアクアビューティーさんのホームページを覗いてみると、その理由がわかります。
お化粧品を販売している会社さんは、日々良い製品を世に送り出すために、研究を重ねています。
しかし、それと同時に消費者の方々に安心してスキンケア製品を使っていただくために、日本の法律も遵守しないといけません。
薬機法(旧薬事法)では、艶つや習慣プラスのようなお化粧品は、

 

○○が治ります!

 

というような表現は、消費者の方々に誤解を招かせてしまう恐れがあるため、してはいけないのです。
しかし、せっかく作ったスキンケア製品がどのような用途に使えるのかは、お客様に届けた方がいい情報ですよね。
例えば、乾燥肌の方なのに、知らずにオイリー肌の方向けの洗顔料やスキンケア製品を使ってしまっては、逆効果ですものね。
そのためになるべくわかりやすい、いわばキャッチフレーズのような形で必要な方にお届けできるように、各お化粧品会社さんが工夫している中で、株式会社パレベストプランさんが運営するアクアビューティーさんでは、

 

艶つや習慣プラス=ポツポツしたイボがポロリとなる!=イボポロリ!

 

というキャッチフレーズになっていたのでした♪♪
ハトムギ(ヨクイニン)の特徴をうまく表現しているんじゃないかなって思います(*^^*)

 

 

 

以上、この艶つや習慣プラス口コミレビューサイトに登場するたくさんの専門用語の中から、特に使われることの多い言葉をピックアップして「専門用語解説」としてお届けいたしました。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます♪♪
今後とも、当サイトの応援よろしくお願いいたします!!
ノリコでした(*^^*)

 

 

↓↓↓「艶つや習慣プラス」のお求めはコチラ♪↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加