イボ治療には液体窒素しかないの?異常性疣贅(ゆうぜい)に有効な民間療法特集

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

イボ治療には液体窒素しかないの?異常性疣贅(ゆうぜい)に有効な民間療法特集

いぼ

 

イボ(異常性疣贅とも言う)治療で皮膚科に行くと液体窒素療法を受けるのが一般的です。

 

しかし、マイナス196度の液体窒素を患部に当てるので少し刺激が強いのが難点です。

 

液体窒素の代わりに「つやつや習慣」にも含まれているハトムギがイボ取りに有効と伝承されているので、その内容を徹底検証します!

 

 

イボ治療は知らないで皮膚科に行くと「ピンポイントで痛い」

 

もし仮に足の指の付け根にイボができたら、あなたはどうします?

 

そのままにしていたら靴を履く際にひっかかって痛いので、何か対策を考えますよねっ!!

 

皮膚の表面に出ているイボなので、皮膚科に行くのが普通かと思われますが、イボの治療は実はちょっとだけピンポイントで痛いという難点があるのです。

 

もちろん、治療してしまえばキレイにイボは落ちてしばらくすると、跡形もなく元のキレイな皮膚の状態に戻ります。

 

皮膚科のイボ治療がピンポイントで痛い理由は、液体窒素を使うからです。

 

液体窒素はマイナス196度で液体の状態の物質で、それを患部にちょんちょんと当てるのですが、イボのサイズが大人の親指の爪くらいのものになると、しばらく液体窒素をその患部に当てることになるのです。

 

その時間は患部がピンポイントで痛いため、その感覚を例えていうなら、次のようなイメージです。

 

イボの液体窒素療法を終えて、皮膚科を出た瞬間に「またここに来たいですか?」とその患者さんにインタビューしたとすれば、返事は、ディズニーランドで1日楽しんだ後に「またここに来たい!」と思うテンションとはベクトルが真逆である、といえば想像しやすいと思います。

 

 

イボ治療に民間療法はどれくらい効くのか?

 

民間療法は現代ではあまりメジャーではありませんが、医療が発達していなかった時代はこの民間療法で将軍や天皇の治療にあたっていたことからも、一定の効果は歴史的に見てもあるといっていいでしょう。

 

イボ取りの成分として有効とされているものの代表に、ハトムギがあります。

 

漢方薬でこのハトムギは「ヨクイニン」とも表記されているので聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

 

ハトムギには肌全般のトラブルを解消して、健やかな肌に導く作用があり、その中でもイボ取りは特徴的な効能だと言えます。

 

歴史的に見ると、西暦1700年代頃に日本に入ってきたとの記録があります。

 

ハトムギの香ばしい匂いを楽しむお茶や飴、それにパウダー状にして飲み物に混ぜて飲むこともできます。

 

美肌パックとして使うことも可能で、グルタミン酸やロイシンなどのタンパク質によって美肌効果を発揮するのです。

 

自分でハトムギパウダーから美肌パックを作ることも可能ですが、手間が面倒であればハトムギエキス入りの化粧品を試しに1度使ってみてもいいかもしれません。

 

 

液体窒素療法とハトムギ、イボ取りにはどちらがいいの?

 

結論から言いますと、双方ともイボ取りに適している部分がありますので、人それぞれの判断になります。

 

ですが、イボ取りの処置をしてどのくらいの速さで元のお肌に戻したいかによって判断は変わってきます。

 

人目にイボが触れるのをなるべく避けて、速やかにイボ取りをしたい時には液体窒素療法の方が速いと言えます。

 

しかし、時間に余裕があって、痛みもなく自然にイボ取りをしたいのであればハトムギを活用する方が向いています。

 

妊婦さんのような、積極的な治療は避けた方がいい時期はハトムギを利用したイボ取りをまずやってみるのもいいかもしれません。

 

副作用がないですから、安心して日常生活の中でイボ取りができて便利でしょう。

 

また、数回の治療だけで皮膚科にすべてお任せした治療ができるのが液体窒素療法で、逆に毎日コツコツ自分でケアするのがハトムギを用いたケアです。

 

このように、両者ともそれぞれいい点があるので、自分にあった対処法を見つけてみてください。

 

 

 

↓↓↓私が9日間でイボを取った製品はコチラ! ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加