魚の目の民間療法は艶つや習慣プラスでキマリ!!

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

魚の目の民間療法は艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)でキマリ!!

魚の目

 

魚の目(うおのめ)に効果が期待できる民間療法のひとつに、「艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)」の患部への塗布をオススメします♪

 

その理由を、シッカリとお伝えしたいと思いますので、ちょっとの間、魚の目の痛みを我慢して、以下からお読みになってくださいね☆彡(*^^*)

 

 

魚の目の悩みはシニア世代の方ばかりではありません。特に妊娠中の女性が魚の目に悩まれているそうです。

 

歩くと足の裏が「なんとなく痛い」と思って、お風呂上りによくよく自分の足を見ると魚の目ができていた!という経験をされた方も少なくないと思います。

 

この症状は、シニア世代特有の症状かと思いきや、昨今では若い女性でも魚の目に悩んでいるという話もよく聞きます。
※特に妊婦さんで悩まれているお方が非常に多いようです...

 

この記事を読まれているお方は、「魚の目を病院で治療するのはちょっと怖いなぁ」と思い、それに代わる民間療法をお探しになられていたのではないでしょうか?

 

そのお考えは正解です!

 

特に妊娠中の女性のお方は、お腹の中に赤ちゃんがいますので、たかが魚の目だからといって、安易に病院に通ってはイケませんよ!!

 

お薬に副作用があることは、ご存じかと思いますが、妊婦さんは風薬も飲むのを控えた方が良いと言いますよね?

 

塗り薬にも実は副作用ってあるのですよ!

 

アトピーの塗り薬の中に入っているステロイドなどは体に悪い例としては有名ですよね。

 

魚の目の塗り薬も、実は怖い副作用が存在しているのです。

 

 

魚の目の塗り薬の副作用って何?

 

魚の目の塗り薬として有名なものは、スピール膏Mです。

 

サリチル酸といえば聞いたことがある方が多いかもしれませんね。

 

サリチル酸は、スピール膏Mの一般名のことです。

 

有名なイボコロリは、サリチル酸が主な原材料となっていることも有名ですよね。

 

私たち一般人には、角質軟化薬といった方が通じるかもしれません。

 

ドラッグストアなどに置いているイボ取りの塗り薬は、角質軟化薬という呼び名の方が普及しているようですが、これもみんな同じ塗り薬のことです。

 

つまり、、

 

スピール膏M = サリチル酸 = 角質軟化薬

 

ということですね。

 

それでは、このスピール膏M(サリチル酸)の副作用についてお伝えしましょう。

 

症状の軽い副作用としては、次の2点が挙げられます。

 

≪軽度な副作用≫

  • 発赤
  • 紅斑

 

皮膚の表面が赤くなる症状ですね。
これは、スピール膏Mの塗布をやめることで症状が緩和します。

 

怖いのは次の重度な副作用の症状です。

 

≪重度な副作用≫

  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 抑うつ
  • 不安
  • 幻覚
  • 興奮
  • 呼吸苦
  • 妄想
  • 発刊
  • 口渇
  • 頻脈
  • 昏睡

 

信じられないかもしれませんが、これらは事実です。

 

血中のサリチル酸濃度が高くなると出てくる症状でして、『サリチル酸中毒』と呼ばれるものです。

 

普通の状態では出難いとは言われていますが、冒頭で申し上げたような妊婦さんの場合、通常の状態(妊娠していない状態)ではないわけですから、このような副作用が出る恐れがあることを十分に認識されていた方が賢明ですよね。

 

ましてや、自分の体よりもお腹の中の赤ちゃんのことを考えると尚更のことだと思います。

 

私も一人息子を妊娠している時には、飲み薬や塗り薬だけではなく、食事や生活習慣にも気を使いすぎなのでは?と思われる位に、用心しましたので。
※お陰様で、出産が難しいと言われていた私(元々、体が強い方ではありません)が、3680gの健康な男の子を授かることができました。もう20年近く前の話になりますが...^^;;

 

ということで、魚の目の塗り薬は絶対に避けるべきだと私は思います。

 

その代わりとなるものが民間療法ですよね♪

 

それでは、当サイトが民間療法をオススメする理由を以下からお伝えしますね!!

 

 

当サイトが民間療法を勧める理由

 

当サイトが民間療法をオススメする大きな理由は、次の2点です。

 

  1. 副作業がないこと
  2. 改善後の皮膚の表面を綺麗に保てること

 

1つ目の副作用がないことは、副作用の怖さを先にお伝えしていますので、ここでは特に説明は不要ですよね?

 

ここで補足させていただきたいのは、2つ目の理由「改善後の皮膚の表面を綺麗に保てること」についてです。

 

ちょっと、ここからは明るい話をさせていただきますね(笑)
※前章では恐怖の話ばかりをしてしまいましたので...^^;;

 

民間療法は、お薬ではないため副作用がないことで安心できるのですが、魚の目改善に作用する力はお薬と比べるとどうしても緩やかになります。

 

ところが、これはゆっくり治していく分、皮膚へのダメージは全くなく、美しいお肌をキープできるわけです。

 

本ページの最初の方に、"最近では若い女性も魚の目に悩んでいる方もいる" と書きましたが、ご自身の足を異性にアピールするために必要なものとして自覚を持っている方は少ないかもしれません。

 

ところが、実は、女性の足が健康的で美しく見えるということは、男性からのモテる要因のひとつだったりするのですよ♪
※ダテに51歳になってるわけじゃない、不思議な説得力がありますでしょ!?www

 

だからこそ、あなたの足が魚の目のケアすると同時に、今よりもっと健やかでキレイになることを応援したいなと思ったわけです。
※半ば老婆心かもしれませんが、若い子が年相応にかわいくしているのを見るとうれしかったりするんですよ。

 

以上が、当サイトがあなたへ民間療法をおススメする理由でした。

 

ご理解、ご納得していただけましたでしょうか?*^^*

 

 

それでは、ここからはオススメの民間療法をお伝えする前に、そもそも魚の目はなぜできるのか?その原因についてまとめてみましたので、ご覧になっていただければと思います。

 

やぱり、原因を理解せずに、魚の目の対策方法だけ知っても、また再発して病院へ行くなんてことになったらショックじゃないですか?

 

ですので、ここはオススメ民間療法をお伝えする前に、魚の目が出来る原因とその過程をシッカリとお伝えしたいと思います。

 

 

魚の目の原因って何?靴のサイズが合わなかったのかな?

 

魚の目の原因は、足の皮膚の一部分に極端な刺激や自分の体重が加わったことにより、角質層が厚くなってしまった結果起こるものです。

 

痛みを感じるのは、厚くなってしまった角質層に芯ができて神経を圧迫するためです。

 

では、なぜ足の皮膚の特定の箇所に刺激や体重が加わってしまうのでしょうか?

 

原因@:冷え性

若い女性でも魚の目ができてしまうということは、冷え性という女性に特有の症状も魚の目に大きく影響しています。
血行が悪くなると、足の先が冷えやすくなるのは経験済みの方も多いかもしれませんよね。
血流の低下により冷え性になってしまうと、皮膚のターンオーバーのサイクルも乱れがちになってしまいます。
そうなると、角質が溜まりやすくなってしまうことで、魚の目を誘発してしまうケースもあります。

 

原因A:ハイヒールなどの見た目重視の靴

ヒールの高いカッコいい靴を履きたい気持ちはよくわかります。
しかし、サイズが合わなかったり無理な姿勢が続くような履き方をしてしまうことで、足の裏の一点に不自然に体重がかかってしまいます。
さらにその靴で長時間過ごしてしまうことで、足の裏の皮膚に摩擦を生じて、それが原因で魚の目になってしまうこともあるのです。

 

原因B:糖尿病などの内疾患

糖尿病などの内的疾患が原因で足の血流が低下したり、末梢神経に障害を来した場合、足の感覚が鈍くなることからも魚の目になる場合があります。
加齢によるものが大きいのですが、魚の目が原因で歩くのがおっくうにならないように適切なケアをする必要があります。

 

人間は二足歩行の生き物ですから、足の裏の健康は体全体の健康を支えてると言っても過言ではないかもしれません。

 

魚の目の原因は上記3つ以外にも、歩く時の癖や足のアーチの崩れによるものもありますが、いずれにしても足のメンテナンスを普段から意識することで、魚の目を改善することは可能ですので安心してくださいね♪

 

 

それでは、いよいよ、塗り薬に代わる間療法をお伝えしたいと思います。

 

 

というわけで、当サイトが妊婦さんや若い女性の皆さんへ、塗り薬に代わる間療法として最もオススメしたい製品がタイトルにも書かせていただきました

 

艶つや習慣プラス

『艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)』

 

なのです。

 

それは、艶つや習慣プラスの有効成分が魚の目の治療に最適だからなのです。

 

以下より、艶つや習慣プラスに含まれる魚の目治療に効果的に成分をお伝えしますね♪

 

 

魚の目に効く民間療法で重宝される艶つや習慣プラスに含まれる成分とは?

 

「病院に行くほどでもないけれど、魚の目の芯が気になるし、艶つや習慣プラスを民間療法にして本当に効くの?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、「こめかみに梅干し」に代表される一見古風な民間療法は、よくよく調べてみると科学的にもその効能が証明できるものばかりなのですよ(*^^*)

 

というわけで、魚の目の良いといわれている成分をひとつずつご説明しますね♪

 

アロエ

アロエ入りのヨーグルトがとても有名ですが、アロエは食べるだけではなくお肌に塗ることでもその効力を発揮する万能薬です。
アロエの主な効能に、抗炎症作用殺菌作用があります。
しかしこれだけではなく、お肌の水分量を増加してくれる特性もあります。
魚の目はお肌の表面が固くなったところにできるものなので、お肌の水分量を増やして皮膚に弾力を持たせることで、魚の目の芯を取れやすくしてくれます。

 

キンセンカ(マリーゴールド)

キンセンカは別名カレンデュラと言って、ハーブ界では万能のスキンケアアイテムとして欠かせません。
傷ついた皮膚を保護、回復をサポートしてくれる作用があるので、魚の目にキンセンカの有効成分をアルコールで抽出したエキスを塗布することで皮膚を正常な状態にターンオーバーするのを促します。

 

オリーブオイル

オリーブオイルにはポリフェノールフラボノイドが含まれているので、抗酸化作用があります
エクストラバージンオリーブオイルであれば、食用のものでも十分に皮膚に塗布するのに対応できる優れものです。
保湿剤としても美容クリーム代わりになるほどです。
角質の固くなってしまった部分に、寝る前にしっかり塗ってから寝るとお肌のしっとり感が蘇ります

 

バルチス発酵物

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、角質除去に大きな効力が期待できる天然成分です。
ベースになっている植物はコメヌカやヨモギなど、女性に優しい食品が多いです。
この発酵物に含まれる酵素が働いて、タンパク質を優しく分解するので、魚の目のような細胞の死んでしまっている表面組織に働きかけて、皮膚に負担をかけずに滑らかに整えてくれます。

 

パーシック油

あんずの種から抽出されるオイルはアプリコットカーネルオイル、ももの種から抽出されるオイルはピーチカーネルオイルと呼ばれているのですが、どちらも似たような性質を持つことからふたつともパーシック油と呼ぶことが多いです。
柔軟と保湿作用に優れている上に安全性も高いオイルなので、美容ファンの間で長く愛されているオイルです。

 

 

民間療法の基本は、身近にある植物などの有効成分が経験的に特定の症状に良いとわかった経験からお肌に優しく塗布したり、場合によっては食べて消化吸収することで、効果効能を得ることができる仕組みです。

 

魚の目の場合は、患部への直接塗布を行うことにより、お肌を柔らかくして魚の目の芯を取り除けるようにします。

 

民間療法の歴史は古く、例えば皮膚を美しく保つハトムギは、江戸時代からずっと人々の美肌ケアに使われてきました。

 

つまり、なかなか知らないようで一部の人には、このような民間療法の伝統はいいものだからこそ受け継がれてきたのですね♪

 

 

 


ここで問題発生!?魚の目が痛くて今スグ民間療法を試したい時はどうしたらいいの?(>△<;)

 

先程お伝えしました、民間療法で魚の目に有効な成分は、普段の食材を買いに行くようにすぐにスーパーマーケットで買いそろえられるものではありませんよね。

 

また魚の目の場合は歩くと痛いので、痛む足を気にしながら魚の目に良い成分を探すのは、民間療法は足に優しくても魚の目にとっては優しくありませんよね^^;;;

 

そこで、インターネットでショッピングするのが一番早いのですが、今度はインターネット上でたくさん良い製品が出ているため、何を選んだらいいか迷ってしまうのです。。。汗

 

そこで、

 

  • 魚の目が痛くて歩きづらい
  • でも民間療法を試してみたい
  • ネットで材料を揃えたいが、同じものでも種類が多いため何がいいのかわからない

 

そのように感じてしまうあなたには、艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)はオールインワンで魚の目に効く成分がたっぷり含まれているという理由で、選択肢のひとつとして覚えておいてくださいね♪♪と冒頭で申したわけですね(*^^*)

 

艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)には、民間療法で魚の目に有効な成分と先程ご紹介したうちの、アロエ・バルチス発酵物・パーシック油が含まれています。

 

オリーブオイルはキッチンに常備しているという方も多いので、艶つや習慣プラス(つやつやしゅうかんぷらす)があれば、だいたいメジャーな魚の目対策できる有効成分が揃うのです。

 

キンセンカに関しては、花屋さんでもよく見かけますし、一旦オリーブオイルと艶つや習慣プラスのケアで足の裏の魚の目を柔らかくして、歩きやすくなった時に、天然アロマのお店でハーブティとしても購入することができます。

 

魚の目の痛さを乗り切るために、今すぐできる対処法を様々に組み合わせるといいと思います♪

 

そうすることで、足に優しく、そして副作用もないので体にも優しく魚の目のケアができるはずですよ☆

 

 

今回は、非常に長文になってしまいました。

 

いつも応援ありがとうございます♪^^

 

 

↓↓↓魚の目の民間療法は『艶つや習慣プラス』でキマリ!↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加