いぼ痔の手術を考えている妊婦さんは赤ちゃんに負担のかからないケアを!

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

いぼ痔の手術を考えている妊婦さんは赤ちゃんに負担のかからないケアを!

いぼ

 

妊娠中にいぼ痔が悪化してしまった妊婦さんの場合、赤ちゃんに負担のかからないケアは必須です。

 

臨月近くなると手術ができないと言われることもありますが、諦めないで!

 

1日で痛みをゼロにすることは難しくても1週間単位で体質改善を試みれば、必ず結果は出ます!

 

 

いぼ痔の手術はリスクがある?妊婦さんが可能なケアとは

 

いぼ痔は人によっては激痛に見舞われるケースがある症状です。

 

妊娠中のトラブルとしては「マイナートラブル」と分類されることもありますが、実際に体験したご本人にしてみればマイナーだなんて思えないほどの苦痛もあることは想像するに難しくありません(>△<;)

 

しかし妊婦さんがいぼ痔の手術を試みる場合、麻酔が赤ちゃんへ影響する可能性も考慮すると、出産まで痛みに耐えるかリスクを取ってでも手術をするかで迷う方も非常に多いのが現状です。

 

当サイトは、『艶つや習慣プラス』というオールインワンジェルのレビューサイトではありますが、妊婦さんやイボに悩んでいる(と思われる)方々からありがたいことにご贔屓(ひいき)にしていただいております。

 

そこで今回も、前回の記事に引き続きまして妊婦さんのいぼ痔のお悩みで、特に手術を考えている方へ向けた「少しでもいぼ痔の苦痛が和らげられる情報」をお伝えしたいと思います!!

 

 

手術と体質改善は別物であることを知ると、いぼ痔対策が上手になる理由

 

排便の度にいぼ痔を腸の中に戻す行為が続くと、トイレに行くのがおっくうになりますよね。

 

そして便秘が重なると、いぼ痔にもいい影響を与えないサイクルになるのはご存知の方も多いと思います。

 

いぼ痔の手術は、患部を切除する方法や注射で患部を小さくする方法があります。

 

いぼ痔の部位によって内痔核と外痔核とも呼ばれますが。基本的に排便する場所にできた痛みを伴う患部であることに変わりはありません。

 

いぼ痔対策が上手になるコツは、治療というのが手術と体質改善では別物であることを知ることなのです。

 

なぜかと申しますと、大腸・直腸に何らかの不健康な要因があってそれが引き金になっていぼ痔が発生しているからです。

 

毎日食事はしますから、食べたものを出す排便も必ず定期的に続くわけです。

 

妊娠中はホルモンバランスの関係で、普段便秘に縁がなかった人でもなりやすいことがあります。

 

実際、私ももともとは便秘の症状はなかったのですが、一人息子を妊娠中の10数年前は、便秘気味になる期間を経験したくらいですので、他の妊婦さんも似たような症状はあると思うんですね。

 

排便時に力むのって、妊娠中は赤ちゃんに影響しないか心配で、全力を出せないと言ったら言い方がオカシイかもしれませんが、実際そうなりますよね^^;;

 

普通にスルっと出てくれれば何も問題ないのですが、便秘だと肛門にどうしても力がかかってしまいます。

 

そうなると、手術をして患部を切除したとしても便秘が続くと再発してしまう可能性も否定できないわけです。
※決して不安にさせることをお伝えしているのではなく、どうやったらこの状況でも改善していけるかをここからきちんとお話させていただくので、どうか安心してくださいね!!

 

つまり、便秘の体質を改善させるケアをしながら、臨月手前でお医者様の判断で手術が可能であればそれを併用する方向が、赤ちゃんにとっても一番負担のかからないいぼ痔対策法だと思うのです。

 

 

大丈夫!選択肢は何種類もある!妊婦さんのいぼ痔で手術を回避する方法

 

いぼ痔に激痛が走るけど、手術は赤ちゃんのことを考慮すると踏み切れない妊婦さんや、臨月間近で手術はドクターストップがかかってしまった方に朗報です!!

 

いぼ痔の手術以外でも、いぼ痔に力強くアプローチできる自然のケアは何種類あるのです。
※前回の記事にも少し触れましたので、若干驚く内容もあるかもしれませんが、なるべくわかりやすく書きますのでどうぞ最後までお付き合いください♪♪

 

《いぼ痔手術以外の自然なケア方法》

 

  • 里芋をすりおろして、生姜と小麦粉と練って耳たぶくらいの固さにして患部に湿布する
  • 強アルカリの体液を持つミミズ(!)に砂糖を振り掛けて、強アルカリ液を取り出して脱脂綿に浸してそれを患部に当てる
  • いぼ取り効果の期待できるハトムギエキスが入った「艶つや習慣プラス」で患部をパックする

 

便秘がひどい時、便のpHは強酸性にかなり傾いていることが多いのです。

 

その際はpH値が対極にある強アルカリ性の物質(というか、ミミズの体液)で極酸を還元するという、いわば理科の実験状態なのですが、経験的に効果を期待できることはわかっています。

 

里芋にはカリウムが多いので、それを湿布にすることで酸化熱がこもって炎症を起こしている患部を鎮めてくれるのです。

 

麻酔を使用することを考えれば、遥かに赤ちゃんに影響がないことは、伝わったかとは思います(>△<;)

 

でも、どうしても自然なケアが抵抗あるようであれば、お手元に「艶つや習慣プラス」をお守り代わりに置いていただくのも、選択肢のひとつとしてはあるかもしれません!!

 

 

↓↓↓私が9日間でイボを取った製品はコチラ! ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加