イボ(疣贅)が赤ちゃんにできてしまった!病院に行った方がいい?

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

イボ(疣贅)が赤ちゃんにできてしまった!病院に行った方がいい?

いぼ

 

赤ちゃんにイボ(疣贅:ゆうぜい)ができるとママは心配ですよね((+_+))

 

イボの主な原因はウイルス感染ですが、今は皮膚科で比較的簡単に治療ができます。

 

でもなるべく赤ちゃんに優しいイボ対策を知っていることでも、ママの立場からするとちょっと安心できると思いますので、ママができるセルフケアの手当方法を特集します!

 

赤ちゃんのイボという症状の場合、病院に行った方がいいのかどうか判断に悩むこともありますよね。

 

その場合には、育児経験者の私(ノリコ)からしますと、セルフケア方法を確認した上で、心配であれば念のため病院でお医者様と相談して、子どもさんがイボが出ていても元気いっぱいであれば、焦らずに体を休ませながら免疫力を上げるような食事やスキンケアで対処していくのがいいと思います。

 

赤ちゃんや子どもさんのイボの原因は、日和見感染であることが多く、体を強くしながら成長していく赤ちゃん・子どもさんのひとつの成長過程として、長い目で見た時には体を強くする経験になれば結果オーライだったと過去の自分の育児を通して気づいたからです。

 

今回の記事では、赤ちゃんにイボができてしまった場合にはどのような対処法があるのか特集しましたので、ママさんの不安を取り除けるように一生懸命お伝えしたいと思います。

 

 

赤ちゃんにできてしまったイボ(疣贅)って大丈夫なの?(*_*)原因は何?

 

かわい〜い我が子にイボらしきものが!・・・と心配になって、あれこれネットで検索してこの記事にたどり着いた方も少なくないと思います。

 

そんなお母さんたちは赤ちゃんのためにも、病院に行こうか迷っているかもしれませんよね。

 

そこでまず、親御さんの不安な気持ちが少しでも解消するようにと願い、まずはイボの症状とはいったいどういうものなのか原因も含めて、そしてその治療法をご紹介していきます。

 

まず、「イボ」と一言でいっても、実は様々な種類があるのです。

 

赤ちゃんも含め、子供がかかりやすいのが、

 

 

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
  • 免疫力が落ちた時などに日和見感染することが多い
  • ウィルス感染症の一種
  • いわゆる、水いぼとよばれている
  • 白くて柔らかいのが特徴

 

風邪などと引いて少しだけ免疫力が弱っている時に、ぽこっとできてしまうことがあります。

 

赤ちゃんや子どもさん自身が体調を整えていくことで、自然治癒も可能です。

 

それでも心配だな、、と思うママさんなら、念のためにセルフケアでできるイボ対策をしてあげてもいいかなと思います。

 

また、大人にできやすいイボが、

 

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
  • ヒトパピローマウィルスが原因となっている
  • 一般的なものは、ほとんどがこの種類
  • 手足の他に、顔にもできることがあり、表面はザラザラしていている
  • 痛みが伴わないため、自覚症状があまりない

 

尋常性疣贅の場合、何かの拍子にイボをうっかり触って爪などで傷つけてしまうと、稀ですが出血してしまうこともあります。

 

そこからイボが、ぽこっと別の場所に感染してしまう恐れがありますので、心配な方は念のためにお医者様にも相談してみてください。

 

 

上記二つのイボの症状ともウイルス性感染症ですが、ウイルスの種類は少し違います。

 

赤ちゃんや子どもがかかりやすいイボである伝染性軟属腫は、社会生活の中で公共の空間に行くことで感染することがありますが、大人がかかりやすい尋常性疣贅よりも治癒しやすいものです。

 

また大人の場合は足に魚の目ができた!と思っても、イボの可能性があります。
※魚の目は痛いことがあるので、痛みが出たら我慢せずにお医者様にすぐに相談した方がいいです

 

どちらの場合でも、今すぐの手厚い治療は必要ないけれど、免疫力アップを心掛ける生活が必要ですよというサインとして出てきた症状でしょう。

 

むしろ、ほとんどがイボだそうで、魚の目かな〜と思ったときも要注意です。

 

大人も日ごろのケアでイボ・魚の目対策しておきたいですね♪

 

 

イボの標準的な治療方法には、以下のようなものがありますが・・・

  • 液体窒素(患部を低温やけどさせて剥がすから、痛みを伴うことが多い)
  • サリチル酸含有の軟膏を患部に一定期間塗布(かきむしらないように気をつけないといけない)
  • ヨクイニン(ハトムギ)の漢方薬 など(漢方の錠剤は赤ちゃんには飲ませるのは難しい)

大人のイボ治療にはどれも最適だと思いますが、赤ちゃん・子どもへとなると、ママとしてはちょっと心配だと思うのです。

 

なぜなら、痛みを伴う治療や掻きむしらないように小さな我が子を管理するって、親として超絶大変ですよね^^;;;

 

これは育児経験者じゃないとわからない大変さだとは思います。

 

 

イボ(疣贅)の原因はどんなもの?ウイルス性って聞くけど大丈夫?対策は?

 

それじゃあ、そのイボって先程原因としてウイルス感染症であると書きましたが、「ウィルス」って聞くとなんだか怖そうなイメージがありますよね?^^;;;

 

だから、病院に行くべきかどうするべきか・・・と頭の痛い悩みになってしまうのも頷けます。

 

赤ちゃんや子どもさんが、ちょっと免疫力が低下している際に、目に見えない小さな傷に何かの拍子でウイルスが体内に侵入してしまうこともあります。

 

例えば、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)つまり水いぼは、水いぼにかかっている子に接触すると感染するケースもあるのはご存知の方も多いと思います。

 

薄着の季節、プール、公共の温泉など、他の子どもさんと接触する際には、あなたの子どもさんの皮膚の状態が万全かどうか念のため確認する必要があると思います。

 

また、上にご兄弟がいる場合には、毎日のお風呂の順番なども気をつけることもイボの予防策として大事だと思います。

 

水いぼは、掻きこわしてしまうと、まわりの皮膚にウイルスが飛び散ってしまい再感染してしまいます。

 

まだまだ小さな赤ちゃんや子どもに

 

 

「掻いちゃダメ!!」

 

 

と言っても理解できず、また触ってみたいという好奇心で掻いてしまう子もいると思います。

 

そういった場合や他の人に移さないためにも、水いぼができてしまった部分をガーゼなどで覆い取れないようにするのがベストだと思います。

 

それでもその貼ったガーゼを引っぺがしてしまう子もいると思います(^-^;

 

子供って大抵そんなもんですよね〜(経験済(泣))

 

もちろん触ったり、掻いたりしないのが一番いいですが、保湿をしっかりすることにより感染を防ぐことができます。

 

なぜかというと、乾燥して目に見えない皮膚の亀裂から、ちょっとしたウィルスが入り込んでお肌にイボができることが多いからです。

 

インフルエンザの季節、乾燥を気をつけて喉の保湿を心掛けるのが、風邪予防になるのは有名ですが、赤ちゃんのイボも原因がウィルス性ですから(ウィルスの種類は違いますが)、予防の原理は少し似ていると思うのです。

 

 

イボができてしまった時の対策法は?

  1. 掻きこわさない!
  2. ガーゼをする!
  3. 保湿をする!

この3つが、ママが簡単にできるイボを改善させるためのポイントです。

 

もちろん、心配であれば念のためにお医者様に相談することは必須です。

 

 

おうちでできるイボ対策のセルフケアってどんなものがあるの?

 

自宅で赤ちゃんのイボケアをするには、保湿を重視することが最適です。

 

病院での治療と並行しても、もちろんいいと思います。

 

赤ちゃんにも使えて、イボのケアができる保湿剤といえば何がいいかご存知ですか?

 

私(ノリコ)のオススメは、艶つや習慣プラスというオレンジ色がまぶしいオールインワンジェルです。

 

 

オレンジ色といえば、カラーセラピーでいえば元気を与えてくれる意味があります。

 

育児中は何かと不安になって、赤ちゃんが寝ついてからなぜか涙が出てきて、感情が不安定になってしまう女性も少なくないと思います。

 

そんな時、元気をくれるオレンジ色の艶つや習慣プラスは、もちろんイボにいい成分もたっぷり入っているのですが、育児で不安になってしまったママさんたちの心を落ち着けるためのセラピーにもなって一石二鳥だと思うのです。

 

これは繊細な女性の感覚を持つあなたなら、共感していただけるのではないか?と思います。

 

オールインワンジェルなので全身に使えますし、内容量は120グラムも入っているのでママさんの産後のスキンケアにも一緒に使えると思います。

 

 

↓↓↓オレンジ色で元気をもらおう『艶つや習慣プラス』! ↓↓↓

公式サイトはコチラ

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

 

 

【補足コラム】病院ではどんなイボ治療をするの?

 

大事な赤ちゃんのお肌を守るためには、病院でのイボ治療の情報も知っておいた方がいいと思いましたので、補足コラムとして書かせていただきますね。

 

水いぼの場合は、ピンセットなどで一つずつ取り除いていく治療や、7〜8歳前後の子どもさんに多く出る足の裏のイボ等の場合には液体窒素で低温やけどを人工的に発生させて、その患部を除去する治療があります。

 

どちらも痛いですね^^;;;

 

液体窒素治療は、実は私自身も経験があるのですが、結構痛いです((+_+))
※看護婦さんに取り押さえられながら大泣きしました

 

しかもイボの治療は長期にわたるので、一回では終わらないというのは、小さな子どもさんを抱える親の立場からすると大変ですよね。

 

大人の私でも、当時を思い出しただけでまた泣きそうなのに(一応大人なんです、ツッコまないでください^_^;笑)自分の可愛い赤ちゃんがそんな痛い治療を何度も受けさせるなんて、想像するだけで痛みを感じてしまいますよね。

 

完治させるためにと思っても、親として躊躇してしまいますよね。

 

でも安心してください!!

 

今では麻酔テープを貼ったりするなど、小さなお子さんでも負担の少ない治療をしてくれる優しい病院もあるので、ここはしっかりと病院の先生に相談してみてくださいね♪

 

補足コラムとして熱く語ってしまいましたが、赤ちゃんや子どもさんに合ったイボの治療法と自宅での保湿ケアを組み合わせで、心穏やかにつるつるのお肌を手に入れられること、応援しています。

 

オレンジ色の綺麗な、しかも着色料や香料が入っていないオールインワンジェルでイボケアができるものは、私が調べた限りでは艶つや習慣プラスしかなかったのです。

 

もちろん、イボケアにいいとされる杏子エキスやハトムギエキスもたっぷり入っています。

 

初回なんと2,000円ちょっとで買えるお得なコースもあるので、カラーセラピーで癒されることも兼ねることを含めて、とってもオススメです*^^*

 

 

※ネットでスキンケア製品を購入する際の注意点※

 

最近インターネットのニュースなどで問題になっている、お化粧品やサプリを購入したらいつのまにか定期便になっていて、「勝手に送られてくる」と困る方が続出している問題にも、きちんと触れておかないといけませんよね。

 

確かに、通常価格よりもお得に購入できるスキンケア製品は、自動的に毎月送られてくる定期便コースになっていることが大変多いです。

 

その点についても、艶つや習慣プラスは、消費者の立場にしっかりと立った親切な対応をしていることが、調べてわかりましたので、詳しく知りたい方は「艶つや習慣プラスの定期便を解約するのは簡単にできる?メールでも大丈夫?」を確認してみてくださいね*^^*

 

 

お母さんたちのセルフケアで、赤ちゃんにできることをやってみながら「一緒に治していくぞ!」という強い気持ちで、お子さんと向き合っていただけたらいいなって思います!

 

 

↓↓↓オレンジ色で元気をもらおう『艶つや習慣プラス』! ↓↓↓

公式サイトはコチラ

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加