妊婦さんのイボは液体窒素で治療できる?赤ちゃんへの影響は?

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

妊婦さんのイボは液体窒素で治療できる?赤ちゃんへの影響は?

妊婦さん

 

妊娠中は体内の環境が大きく変化しますので、妊婦さんによってはイボができてしまうこともあります。

 

通常イボは病院に行くと液体窒素で治療する方法が一般的です。

 

しかし、赤ちゃんへの影響を考慮するとあまりオススメできません。

 

その理由は、液体窒素での治療(冷凍凝固法)には痛みを伴うからです。

 

痛みを伴う治療を受けるのが「好きでしょうがないから積極的に受けたい」という人はいないですよね?^^;;;

 

特に、これから出産という大仕事を控えている妊婦さんは、妊娠期間中はいつも以上に心穏やかに過ごしたいと願うものだと思います。

 

そこで、今回の記事では、育児経験のある私(ノリコ)が妊婦さんに向けて、液体窒素が赤ちゃんへ影響する理由や、イボができてしまった時の赤ちゃんにも安心の対処法をご紹介します♪

 

イボの悩みを解決して、安心のケアで健やかな赤ちゃんを育んでくださいね!!

 

 

妊婦さんのイボを液体窒素で治療するとなぜ赤ちゃんに影響が出るの?

 

 

イボ治療で液体窒素をどのように使うのかと申しますと、超低温にした液体窒素で人工的に患部に凍傷を起こさせる目的で使用します。

 

この治療法の『赤ちゃんへの影響』という視点で鑑みますと、液体窒素での冷凍凝固法そのものにはほとんど副作用はありませんが、治療時に痛みが伴うことが母体を通して赤ちゃんに影響が出る可能性があります。

 

そうは言ってもまず安心していただきたいのは、窒素という物質を皮膚の一部分に当てることに関して、実は副作用はほとんど認められません。

 

なぜなら、窒素は安定したガスの状態で大気中に80%ほども存在しているので、私たちは日常的に窒素に触れる生活をしているからです。

 

しかし、液体窒素となるとマイナス200度近い温度であり、ちょっと日常生活では想像もつかない温度なのですが、この冷たすぎるものに触れると「冷たいのではなく痛い」と感じるわけです^^;;;

 

母体が感じた痛みは、お母さんのお腹の中ですくすく成長赤ちゃんにも伝わることがあります。

 

なるべく、ストレスのない妊婦生活を送って赤ちゃんへの胎教もベストの状態にしたい時には、液体窒素でのイボ治療はあまりオススメできないと思います。

 

妊娠生活はなるべく心穏やかな生活を心がけましょうと、妊娠関連の本や雑誌を見れば必ずと言っていいほどに言われていますよね。

 

もちろんちょっとの痛みくらいなら気にしないで、出産前にとにかくイボを除去しておきたいという場合には液体窒素治療を選択してもいいと思います。

 

↓↓↓妊婦さんに超オススメ♪『艶つや習慣プラス』 ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

 

どっちが痛い?イボの液体窒素治療 vs. 陣痛

 

 

イボの液体窒素治療と同様に、あなたがもし初産婦さんの場合には、陣痛の痛みも心配しているかもしれません。

 

しかし、イボの液体窒素治療もお産も経験した私(ノリコ)の感覚から申し上げますと、

 

 

「ぶっちゃけ、イボの液体窒素治療の方が痛かったorz」

 

 

と思います!汗
※そうです、上記の子どもの液体窒素治療の例は、小学校低学年の頃の私自身の経験です^^;;;

 

初産婦さんなら多くが心配するであろう陣痛は、実は陣発時に体から自然に分泌されるオキシトシンというホルモンによって、体は痛みを感じにくくなっていますし、ホルモンの影響でむしろ出産することに多幸感を感じる女性もいます。

 

だから、少子化と言われている現代でも、2人以上赤ちゃんを産んでいる女性が少なくないのは周囲を見渡すとご理解していただけるかもしれません。

 

芸能人でママさんタレントとして活躍している女性たちも、子どもさんが2人以上いる方もよく見かけますものね。

 

またお産の時の体の感覚は、時間が経つと忘れてしまうので、「痛みの記憶」として体の感覚にあまり残らないのです。
※これは経験するとわかります

 

しかし、液体窒素治療の場合には、快感ホルモンとも言われているオキシトシンは体内で分泌されませんので、治療そのものも痛いですし、痛みの記憶も残ってしまうのです。

 

麻酔が使えないちょっとした歯科治療も、妊娠中に受診しようか悩むくらいですもの(>△<;)

 

それゆえに、それ以上の強い痛みが伴ってしまう液体窒素治療は、患部に触れた瞬間に、妊婦さんの「痛い」と強く思った感情がお腹の赤ちゃんに影響してしまう可能性があるのです。

 

ママと赤ちゃんの体は繋がっていますから、感情や感覚も強いものほど、伝達されてしまうわけです。

 

ですので、痛みに弱い私は妊娠中の液体窒素でのイボ治療はあまりオススメできないと思っています。

 

↓↓↓妊婦さんに超オススメ♪『艶つや習慣プラス』 ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

 

赤ちゃんへの影響の懸念は具体的にどのようなものなの?

 

 

「痛い」と感じた時、人間の体は緊張状態になりますよね。

 

穏やかな妊娠期間が推奨される時に、緊張状態はなるべく避けたいものです。

 

瞬間的に緊張状態に陥ると、妊婦さんの体にはどのようなことが起こるのでしょうか?

 

  1. 呼吸が浅くなる
  2. 心拍数の上昇
  3. ストレスを感じる
  4. ストレスを感じたことにより、体の中が酸化する(=血液がドロドロになる)

 

これによって、へその緒で繋がっている赤ちゃんへの酸素供給も一時的に落ちる可能性もあります。

 

また、酸化した血液で赤ちゃんが成長するための栄養を送り届けるのは、あまり良いことではありませんよね。

 

これによって、赤ちゃんへの影響が出る可能性が否定できないわけです。

 

なぜかと申しますと、プレママがストレスを感じたことは、驚くべきことに胎内記憶として出生後に話す子どもさんもいるくらいです。
※実際に私の知り合いで、大人になってからも胎内記憶を覚えている方がいらっしゃって、母体の妊娠中のストレスを記憶しているとのことで、それを聞いたときには本当に驚いたものです。

 

つまり、窒素そのものはあまり悪いものではなくても、目に見えない部分で赤ちゃんに影響する可能性が高いということがわかります。

 

実際のところ、胎内記憶はまだ科学で解明されていない部分も多くあります。

 

しかし、赤ちゃんの健やかな成長を想うなら、赤ちゃんへのストレスはなるべく除外してあげたいと願うのが親心だと思いますし、そもそもの話、ママであってもそうではなくても痛い治療はイヤですよね^^;;;

 

↓↓↓妊婦さんに超オススメ♪『艶つや習慣プラス』 ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

 

妊婦さんのイボ対策に最終兵器登場!

 

 

それでは、妊婦さんが液体窒素治療の代替療法としては、どのようなものがいいのでしょうか。

 

まずは、これまでの解説から、妊婦さんのイボ改善のために必要な条件を確認してみましょう。

 

  • 痛くない
  • ストレスがない
  • 赤ちゃんに影響がでない
  • ラク!

 

妊婦さんにとって究極の理想のイボ治療の条件は、上記のようなものだと思いませんか?

 

特に最後の「ラク!」というのは、妊娠中で何かと変化が大きい生活の中で、なるべくラクで癒されるケアの方が心地よいはずですので、条件に加えちゃいました。

 

「でも、そんな夢のような条件を叶えてくれる方法って本当にあるの?」

 

あなたはそう心配になるかもしれません。

 

そこで、私(ノリコ)は全国のイボに悩む妊婦さんのために、赤ちゃんにもママにも優しいイボ対策の手段を調べました!!

 

その結果、まずイボ治療は昔から存在していることが判明したのです。

 

そして、医療の発達していなかった時代にもイボに悩む人がいて、イボ対策の民間療法が広まっていました。

 

さらに、その民間療法に効果があったからこそ、現代にまでその手法は伝承されてきているのです!

 

 

「それじゃあ、ノリコさん、安心安全で痛くないイボ改善の方法を早く教えて!!」

 

 

と思った方も少なくないと思いますので、ご回答差し上げますね♪♪

 

 

イボ対策ができる魔法の成分とは?

 

イボに良い液体窒素治療の代替療法、それは、ハトムギを使うことなのです。

 

ハトムギって、女性にはお馴染みの食材でもありますから、お茶にして気軽に飲めたりもしますよね。

 

そんなハトムギを用いて、気がついた時にこまめにイボ改善ケアを行うのがオススメです。

 

液体窒素治療と比較すると、一気にイボを除去するチカラは少ないのは事実ですが、

 

  • 痛くない
  • 赤ちゃんに安心・安全
  • ママも精神衛生上、治療で痛みに晒されないのでストレスフリー

 

という、大きなメリットがあります。

 

しっかりと、妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとって優しい条件がそろっていると思いませんか?

 

ですので、ハトムギを用いてイボ対策を行う場合には、効き目を促進させるために外側と内側の両方からケアをするといいでしょう。

 

ここでハトムギの作用をご紹介したいと思います。

 

ハトムギ(別名:ヨクイニン)の効能
  • 抗腫瘍作用
  • イボ取り
  • むくみ改善
  • 乾燥肌の改善 etc.

 

ハトムギは元々日本に育成していた作物ではなく、江戸時代に日本に伝来した記録があります。

 

それ以降はずっと民間療法として、薬の役割を果たして来たものなのです。

 

妊婦さんの悩みでイボと同じように多いむくみも、改善してくれるというのはうれしいですよね(*^^*)

 

しかも、妊娠線が気になっている方は、ハトムギがイボ対策だけではなく乾燥肌にも効果がありますので、全身に使えるのがもっとうれしいと思いますよ♪♪

 

 

外側からハトムギでイボ対策する方法

 

ハトムギはパウダー状で販売されているので、それを水と混ぜてゆるめに練って気になる部位に塗ります。

 

 

内側からハトムギでイボ対策する方法

 

ハトムギの漢方薬名である「ヨクイニン」の錠剤を飲みます。

 

ハトムギ茶もありますので、普段の生活に手軽に取り入れることが可能なのです。

 

 

しかし、ここで問題がひとつあります。

 

パウダー状のものを水で練るのが面倒だな・・・という方もいるかもしれません。

 

天然成分を自分で調合するというのは、妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても、とても体に良いものですから、やった方がいいのです。

 

そうは言っても、そのような工程を省いた方が気持ち的にラクでいいな♪と思ったあなたには、ハトムギエキスがたっぷり入ったオールインワンジェルの「艶つや習慣プラス」を一度試してみてもいいのかもしれません。

 

ハトムギエキス入りのオールインワンジェルなら、イボ対策と同時に妊娠線のケアもできますから、そういった意味で妊婦さんにとってオールインワンジェルを使うメリットは大きいです。

 

また、ハトムギ入りのお肌に塗る既製品クリームは他にもありますが、どうしても「THE イボ取りクリームだぜ☆彡」という風合いが、パッケージの見た目でバレてしまいます^^;;;

 

もちろん、それはそれで「用途がわかりやすくて良い」のですが、デリケートな妊婦さんの場合には、些細なことでもプライバシーを守っておきたいですよね。

 

だからこそ、完全にスキンケア製品に見えるオールインワンジェルは、オススメなのですよ♪♪

 

しかも、「艶つや習慣プラス」の場合は、無香料ですから、ニオイつわりの症状がある妊婦さんでも安心して使えます☆

 

 

↓↓↓妊婦さんに超オススメ♪『艶つや習慣プラス』 ↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加