艶つや習慣プラスがニキビに効果がある?その真相に徹底的に迫ってみた!

艶つや習慣 WEB限定激安キャンペーン

送料無料税込\2,052- はスゴすぎ!!▼

艶つや習慣

>> キャンペーン詳細情報をチェックする!!

艶つや習慣プラスがニキビに効果がある?その真相に徹底的に迫ってみた!

 

艶つや習慣プラスの愛用者の私ですが、最近、ニキビにも効く、とか、ニキビにも使える、ということを目にすることが多いように感じているんですよね。

 

艶つや習慣プラスは、元々首にできたイボやお肌にできたポツポツをポロリと取ってくれる、老人性イボに効果が期待できるかも!なオールインワンジェルです。

 

イボもニキビも角質ケアが大切になってくるので、艶つや習慣プラスがニキビにも効果がある!というのは嘘ではないと思うのですが・・・、

 

気になってしまったので、徹底的に調べてしまいました!

 

艶つや習慣プラスがニキビにも効くのか気になっているあ・な・た、必読ですよ〜〜〜*^^*

 

 

艶つや習慣プラスがニキビに効くのかどうかを知るために、成分を再確認してみましょう!

 

まずは艶つや習慣プラスの成分をさっそく見てみましょう。

 

販売ページからその成分を引用させていただきますね。

 

【全成分】
水、BG、グリセリン、アンズ種子エキス、アンズ核油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、オリゴペプチド−24、プラセンタエキス、アスタキサンチン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クチナシ果実エキス、ヒアルロン酸Na、アラントイン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、オクチルドデセス−20、マルトデキストリン、ペンチレングリコール、クエン酸、カルボマー、水酸化Na、PG、エタノール、フェノキシエタノール

 

うーん、これを並べられてもわかりませんよね?

 

でも、安心してください!

 

これだけお肌に良いものが入っているんだ♪と、そう思っていただくだけで大丈夫です。

 

ここからニキビに関連する成分を拾って、わかりやすく説明していきますね。

 

販売ページによると、

 

あんずエキスとハトムギエキスをメインに据え、そのほかにも・・という言葉を使って、プラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸を挙げていますね。

 

この5つの成分に関しては、あなたもサイトの販売ページを見たり、他のサイトを見たりで目にするなじみのある言葉ですよね。
まずは、この5つの成分とニキビとの関連性から迫ってみますよぉ〜!!

 

 

艶つや習慣プラスの5つの成分とニキビとの関連を徹底チェック!

 

艶つや習慣プラスが前面に出している5つの成分に、ニキビにも効果が果たしてあるのか?

 

とっても気になりますよね。調べた結果をまとめましたので、紹介しますね。

 

 

あんずエキス

 

若さの脂肪酸と言われるパルミトレイン酸が豊富に含まれているので、加齢で低下してしまったお肌を若々しく再生してくれる働きがあります。

 

皮膚細胞の生まれ変わりのことをターンオーバーと言いますが、このターンオーバーを促進という点においてはニキビ跡の改善にもつながります

 

 

ハトムギエキス

 

ハトムギは栄養価がとても高く「ヨクイニン」という漢方で昔から使用されています。

 

ヨクイニンは水分、便、老廃物をといった毒素を排出するという効能もありますね。

 

排出機能の正常化はターンオーバーの正常化をも促します。

 

その意味において、あんずエキスと同じく、ニキビ跡の肌改善に効果を期待できるのではないか?と思います。

 

 

プラセンタエキス

 

エイジングケアとしての印象が強いプラセンタエキスですが、意外と医療の現場で治療薬として使用されているのはご存知ですか?ニキビに関連する効能をあげると、

  • 抗炎症作用がある
  • 自律神経、ホルモンバランスを調整する
  • 組織の修復や細胞の働きを活性化させる

がありますね。

 

プラセンタエキスは、できたしまったニキビとニキビ跡の両方にアプロ―チできる成分と言えそうです。

 

 

アロエベラエキス

 

アロエに関しては、先に大切な確認情報があります。

 

日本で私達が使っている「アロエ」という言葉は「キダチアロエ」のことを指すことが多く、「アロエベラ」とは異なる品種です。

 

ヨーグルトやジュースは、こちらの「アロエベラ」にが使用されていますね。

 

ここでは「アロエベラ」の品種のニキビに対する効能を紹介しますので、そこはご注意くださいね。

 

「アロエベラ」のニキビに関連する効能は、

  • 肌の保湿を保つうえで欠かせない成分、ビタミンB群が豊富に含まれている
  • 殺菌作用がある。

つまり、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、ターンオーバーも整えてくれる。

 

この2つの効果を期待できるのが「アロエベラ」です。

 

アメリカでは、重症のニキビの患者にアロエベラゲルを塗って経過を観察するということをし、1週間ほどの期間で改善されたという結果も出しています。

 

こうしたデータからもアロエベラによるニキビ改善効果は信ぴょう性が高いですね。

 

 

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、保水力でお肌の潤いを保つ成分ですね。

 

効果があるとすれば、ニキビ跡の肌の改善でしょうか?

 

ただし、ヒアルロン酸によって、ニキビが悪化した・・という残念な報告もあります。

 

「二キビ」ということで見ると、むしろ注意しないといけない成分かもしれません。

 

 

簡単にまとめますと、

  • あんずエキス・・・ニキビ跡
  • ハトムギエキス・・・ニキビ跡
  • プラセンタエキス・・・ニキビ&ニキビ跡
  • アロエベラ・・・ニキビ&ニキビ跡
  • ヒアルロン酸・・・ニキビに関しては注意

というように、ニキビの症状に対して成分が有効に働く可能性があると思うわけです。

 

 

さて、残りの成分でニキビにも関連してくるものはあるか?それらもチェック!

 

さて、引き続き残りの成分についてみていきましょう。

 

結論から申し上げますと全28成分のうち、ニキビやニキビ跡に効果があるだろうと思われるのは、10成分でした。

 

先に4成分を紹介しましたので、残りの6つの成分に関して、簡単にまとめていきますね。

 

 

ニキビに有効と思われる成分

 

バチルス発酵物

古い角質だけに反応し、段差を目立たなくさせることができ、ニキビ跡の凹凸に効果が期待できます

 

オリゴペプチド−24

新陳代謝を促進しスムーズなターンオーバーができるように助けてくれます

 

アスタキサンチン

抗酸化力があり、赤みなど腫れを抑える効果があり、実際、大人ニキビ対策のコスメに入っている成分です

 

クチナシ果実エキス

消炎効果があるので、ニキビの炎症に効果が期待できるかもしれません

 

アライトイン

炎症を鎮める効果があり、ニキビ治療、ニキビ跡の改善としてのニキビの有効成分です

 

クエン酸

クエン酸はクエン酸ピーリングが背中ニキビに効果がある、と実際にテレビで放映されたことがあります。

 

ピーリングとは古い角質を?がすことですが、その加減を誤ると余計に角質を暑くしてしまうという指摘もあります。

 

なので、クエン酸に関しては賛否が分かれていますね。

 

 

ここで紹介した以外のそのほかの成分は、保湿剤、油剤、防腐剤、界面活性剤、消毒剤でしたよ。

 

最後に一点、注意していただきたい成分があります。

 

その成分はグリセリン。

 

グリセリンは保湿剤ですが、人によってはアクネ菌が増殖し、白ニキビができてしまった、ニキビが悪化した、という人もいるのです。

 

保湿で効果を得られる人もいれば、悪化する人もいるということを補足しておきますね。

 

 

艶つや習慣プラスがニキビに効果があるか?のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

ここで紹介したように、艶つや習慣プラスにはニキビに有効と思われる成分も含まれてることは確かなようです。

 

ですから、人によってはニキビに効果があった、という方がいても不思議ではないですね。

 

しかしながら、艶つや習慣プラスはポツポツポロリの対策ジェルとして販売されています。

 

最も効果を感じられるのは、老人性のイボだと思います。

 

ニキビに関しても、成分という視点では有効なのかも♪って私個人の意見としては捉えていますよ*^^*

 

参考にしてただけたら幸いです。

 

 

↓↓↓一番お得に「艶つや習慣プラス」をゲットしましょ♪↓↓↓

公式サイトはコチラ

 

(((極秘★裏ワザ公開中)))『艶つや習慣プラス』を確実に安くゲットする方法!!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加